At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

初日

オーラソーマってなに?って話なんですけど、その説明は割愛。今回のレベル2が終われば、有資格者になるので、そうなったら、本格的にコンサルテーションを始めます、ので、ご興味あれば、お申し込みを。ってだからオーラソーマってなんやねんって説明せんとアカンのやろうねぇ。でもそういうものは、必要な人が必要な時に出会うべくして出会うものやと思うのです。怪しい世界、と思われるであろうことが多々含まれます。

クラスでも最初に、色のエネルギーを自分のサトルボディ(いわゆるオーラね)に取り込んで、その後瞑想・・・。かといって、ヨガっぽいことやって、見えない物を見るための修行とかをするわけではないです。なにをするのか?色彩の言語を学んでいくのです。心理学にも似てるのかな。赤は情熱的で行動的、また抑圧された怒りとか、赤を選ぶとそういう感情や精神状態である、みたいな。美輪さんが、赤のパンツを穿くといい、みたいなこと仰ってますけど、それはオーラソーマ的にも正しいと思います。赤は第1チャクラに関係する色だから、そこに関係する肉体にその色を持ってくるとエネルギーをチャージできる、みたいな。
そんなことをいろいろと学んでいくわけです。怪しいでしょうけど、めちゃめちゃオモロい、のです。

で、ランチ。
スモークでエッグベネディクト。美味しいねー、これ。初めてはブルックリンのカフェで食べたのやけど、その後そのお店にしばらく通ったもん、美味しすぎて。

午後も引き続き、オモロいお話は続き、17:30、終了。
友人が引越すというので、その部屋の下見。どんな部屋にしよっか、と相談。人んちやのに、勝手にかわいい部屋を想像するのが好きなのです。なんならレイアウトも請け負ってしまうのです。ついでに色目も考えればいいのかも。その人に足りてない色を部屋の中に取り入れてみたり、とか。ま、料理にはちょっと取り入れたりしてますけど。
その後、その友人宅で、飲みながらまた『働くおっさん劇場』鑑賞会。腹減った~とピザを宅配。タバスコ狂いの2人は、イヤちゅうほどかけて、唇痛い~と言いながら食べ尽くしたのです。