At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

なにが嫌かと聞かれれば

今日はクウネルの編集女子があきる野へ。なにしに?めーちゃんちの紹介のため。最近ここによく登場するめーちゃん、こと、池田めぐみは、ワシと保育園、幼稚園、小中高と一緒に過ごした女子。それが高校卒業後一切連絡を取り合うこともなく過ごしてきたのに、ひょんなことで今年の頭に再会、彫金やってると判明、展示会のディスプレイの手伝いをして、気付けば近所に住んでいる、不思議な間柄なんやけど、その家がかわいくて。これはクウネルでしょ、と編集女子に話したら見たい見たいと、今日なわけなのです。そのうちクウネルに掲載されるかも。
夜は一緒に鍋。なに鍋?と言ってたら、クウネルが、南高梅の取材で和歌山行った時に、昆布と梅昆布茶と梅干しで水炊きやってた、と教えてくれて、更に、つけだれは、梅醤にお鍋のお出汁と大根おろし、と。それ。今夜はそれです。
水炊きってあんま好きじゃないけど、これはちょっとした逸品。試す価値あります。あ、うちに梅昆布茶はなかったから、粉末の昆布と粉末の椎茸を入れてみました。
さて、ここからが長いのです、夜は。
いつものように、ワシ独演会ではあったのやけど、今までこんな話人にはできませんでした、ってことばっか、口からついて出て、ちょっとした衝撃。言えなかったことが言えるようになるってことは、自分の中でその問題はほぼ解決ってことやと思うんです。いわゆるカミングアウト。自分の過ごして来方を人に話すと、自分がどうなのか、がわかりますね。自分にとっての普通がどこで形成されたか、また自分にとっての普通が如何に自分だけの普通か、がわかります。
全っ然普通じゃなかった・・・のかも。それがまた衝撃。
でも今夜の面子は、それは違うとは一言も言わず、だから今があるのよねーみたいな、そういやアタシも、とカイミングアウト大会の様相。
自分の過去を自分で紐解くのは決して楽ではない。でも今を語るためには、過去の経験の積み重ねやから、その当時のネガティブな、恥ずかしい、悔しい体験があったからこそなわけで、避けては通れない。だから本が書けなかったんやなーって思ったのです。
もうちょっと今あることに感謝しなあかんなーと思えました。結構当たり前に思ってたことが多かった、な。親に対して、特に。
そして独演に付き合ってくれる友人達にも感謝してるのです、してまっせー。