At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

ナンバー1になれないオンリー1

SMAP歌う槇原敬之さんの曲で、『世界に一つだけの花』というのがある。
その中の有名なフレーズが、「ナンバー1になれなくてもいい もともと特別なオンリー1」。
オンリー1なら既にナンバー1です。

京都大学総長でゴリラ研究の第一人者の山極寿一教授がインタビューで、
「勝とうとすることと、負けまいとすることは、違う。今の親は子供に、負けたくなかったら、勝ちなさいと言うが、それは間違っている」と述べられていた。
勝とうとするには、相手を押し退けないといけなくて、負けた方を卑屈にさせる。負けまいとすることは、ゴールが対等であることなので、争いがない。
勝とうとするのが猿で、負けまいとするのがゴリラで、人間とゴリラやチンパンジーは、98%程度のDNAは同じらしいので、本来は負けまいとするはずが、社会は猿化してしまってる。

勝とうとすることは、ナンバー1になりたいということ。
負けまいとすることは、オンリー1を認めること。

歌詞の中に、「僕ら人間は どうしてこうも比べたがる? 一人一人違うその中で 一番になりたがる?」とある。
仏教用語でいえば、諸行無常。
同じものも同じ時も存在せず、あらゆるものは変化する。
同じものがないなら、比べられないはずなのに、比べることが常態化してる。
犬は、四六時中、ランク付けをしているらしいと聞いたことがある。
犬化社会。

オンリー1なら、ナンバー1。
無人島でナンバー2ってちょっと怖い。
ナンバー1が、オンリー1とは限らない。
同着1位で金メダル2人とかある。

感覚は、違いを追い、脳は、同じを見出す。
レイヤーを上げるか下げるか。
同じから始まると、往々にして、違いを排他しようとする。
違いから始まると、共通項を探そうとする。

イジメが現実なのか、助け合いがゲンジツなのか。