At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

本日のオーダー

今日は、面白い?料理になりました。生徒さんはディスプレイのお仕事をされてる方。吉田美和似でかわいこちゃんでした。
仕事帰ってきて自分1人の料理だから、そんなに手も時間も掛けれない、けど、料理の幅も拡げたい、そんなオーダー。
メインは鶏肉を使った料理、主食は麦ご飯。でもイタリアンっぽく。人間って欲張りだから、智慧が生まれるんでしょうね。

鶏肉と玉葱と茄子をオリーブオイルで炒めて、日本酒と椎茸と昆布の出汁にホールトマトで軽く煮て、醤油と味醂とバルサミコ。水分飛ばして、最後ほうれん草を加えて完成。麦ご飯に合わせるため、和のお出汁にして、スパイスは入れずに作ってみました。
スープは、蓮根と牛蒡となめこを水から煮て、お出汁はブイヨンと干し椎茸。そこに倍量の白味噌を入れて糸唐辛子と胡麻。なめこのぬめりと、倍量の白味噌で、豆のポタージュみたいなのりのスープ。これ美味しかったから、試してみて。
サラダほうれん草と水菜と壬生菜のサラダ、胡麻ドレッシング。
麦ご飯に鶏肉のトマト煮をかけて食べました。

素敵に見せる、見えることと、売上げは決して比例しない。売れるためには多少ベタにしないといけない場合が多々。そんなジレンマを抱える・・・。よく聞く話です。
これだけ物が溢れて、物が売れないと言われる時代やもん。アプローチ変えていくしかないのにね。そんなことを話しながらの食事となりました。
美和似のかわいこちゃん、今後なんかオモロいことをしでかしてくれそうです。楽しみー。頑張れー。