At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

Vol.10

人間が、今アタシたちが生きてる世界は3次元って言われてるわよね?
それは知ってる?
1次元は鉱物界って言われてるの。ダイヤモンドとかサファイアとか宝石ばかりね。光モン、スキなのよ。
さておき、石よ、石。石=意思、よ。
アタシはアタシ、ただ存在あるのみ。
そして、動植物界が2次元。厳密に言えば、植物界は1次元と2次元の間ね、動物は食うか食われるか、殺すか殺されるかで生きてるわ。
そして、人間のいる3次元。
4次元は想念界って言われるの。いわゆる霊魂の世界ね。心霊現象とか幽霊とか言われるモンの世界よ。そこは闇しかないの。
そして5次元、いわゆる神の世界。
喜びと楽しみしかない光だけの世界。
こうやって考えると、幽霊なんて怖くもなんともないわ。返って哀れみすら感じるわよ。でも、情けはヒトのためならずってヤツ。カレらはそこに行かなければならなかったのよ、自業自得ってヤツね。それを意識するとロクなコトないから考えない方がイイわ。足引っ張ることしか考えてないからね。
でも、5次元の神って言ってもさ、今この3次元にいるアタシたちと同じ資格持ってんのよ。別に偉くもなんともないの。「ちょっと休憩」って、5次元でぬくぬくしてんのよ。お釈迦サマはさ、5次元の帝釈天と仲良くって、帝釈天の方がお釈迦サマに教えを乞うてたって話よ。
それでね、3次元。この地球には今60億人の人間がいるわね? でも、そのうち子どもを産める年齢層ってどのくらい? 1日に何人の子どもが生まれてる?
その人数分しか3次元に空きがないってコトなのよ。
みんな3次元に生まれたいの。今生きてるヒトたちって、この世界に生まれたくって生まれてきてるのよ。
なんでって思うわよね?
辛いコトがいっぱいあってさ、こんな苦労するなら死んだ方がマシって何度も思うわよね? でもそれは、生まれてくる前の気持ちを忘れてるだけ、よ。イイ?
5次元に生きると、それは楽よ。苦労せずスキなコトやって、ヒトを喜ばしさえすればイイんだもの。でもね、それでは大切なコトに気づけないのよ。中には気づく存在もあるでしょうよ。人間ではないから存在と呼ぶわ、この場合。でもさ、気づきにくいの、片方しかないから。
3次元は両方あるのよ、光と闇、イイやの悪いやの、オシャレやのダサいやの、広いやの狭いやの、金持ちやの貧乏やの。
いわゆる陰陽ってヤツよ。
その尺度ではなくモノを見れるようになれないとダメなの。それができるようになった状態を解脱って呼ぶのよ。いわゆる悟りってコト。
2次元は争いの世界よ。勝つか負けるか。そういうのを2元論って言うわ。金持ちか貧乏かも2元論でしょ? それは動物界の基準。2元論は、すなわち2次元論、よ。人間が3次元にいるのなら、3次元論でモノを観なきゃいけないんじゃないの? 2次元論が競争原理なら、3次元論ってなんだと思う? 
わかってないわね~、調和とか共存とかよ。イイ?
自分が楽しんでるから、結果ヒトを楽しませるコトができた、そのコトよ。基準を自分に置きなさいってコトなのよ。無重力の話を思い出してよ。上も下もないのよ。アナタがスキなモノがスキなモノ。それは他人とは違うわ。
それをオシャレと言われようが、ダサいと言われようが、それは他人の感覚でしょ? 関係ないわよ。
ね、それに気づくには楽しいコトも辛いコトも両方ある3次元の方が、より気づきやすいのよ。だからみんな3次元に生まれたがってんの。
3次元で生きたがってんのよ。
子どもを作るってさ、そのチャンスをあげるってコトよ。そうかって思って、「アタシは男がスキよ」って思ってるコトもどーかしらって思ってさ、子どもも作るコト考えようかしらって思ってね。そう、感情と理性は別なんだわって思ったのよね。

・・・つづく

ecocolo vol.11より